こんにちは、【きの子】です。

夏の厳しい暑さもずいぶんと和らぎ、
だんだんと秋に近づいてきましたね。

今回は『中秋の名月』について
少し紹介したいと思います。

今宵の月はどんな形?秋を楽しむ季語の雑学

d9edc769864ca9d038bafc2d2b299a9e_s

日本の秋のイベントの一つに
お月見という風流な行事がありますよね。

お月見とは満月を愛でる習慣のことで
主に旧暦の8月15日(十五夜)
9月13日(十三夜)に行われます。

『十五夜』の月は『中秋の名月』とも呼ばれ
昔からとても親しまれてきました。
この時期は里芋が採れる季節でもあるので、
芋名月』なんて呼ぶ地方もあるようですね。

中秋≠仲秋!?実は意味が違うんです

ところで、『中秋』ってなんだと思いますか?

もしかしたら”仲秋”という漢字の方を
ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

中秋とは、読んで字のごとく秋の中日のことで
8月15日その日をさすそうです。
一方、初秋が7月、晩秋が9月なのに対して
8月につけられた名称が仲秋です。

つまり仲秋とは8月全体をさす言葉になります。

中秋と仲秋は、実は違う意味だったんですね。

季語がいっぱい!古来より日本人に愛されるお月見

俳句の世界では、十五夜の前後の夜を
『待宵』・『十六夜』(まつよい・いざよい)と呼び
名月の前後の月を愛でるそうです。

また、いざよいにはためらいという意味がありますが、
これは満月の日に比べて月の出が遅くなるため
月がためらっているようにみえることに由来するそうです。

日本古来の素敵な表現ですよね。


ちなみに中秋の名月に対して9月13日の月は
後(のち)の月』と呼ばれます。

先ほどの『芋名月』のように、
ちょうど食べごろの大豆や栗を供えることから
豆名月』や『栗名月』とも呼ばれるそうです。

10月10日の月も名月とされていて、
十日夜の月』や『三の月』と呼ばれます。

お月見にまつわる言葉がこんなにたくさんあることから
昔の人がどれほどお月見を好きだったかがわかりますよね。


今年の中秋の名月は”9月27日”だそうです。

晴れて綺麗な満月が見られるといいですね。


最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ありがとう!

<参考>
・復本一郎(2007-2008)『日本人が大切にしてきた季節の言葉』青春出版社
・「月見」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 2015年9月12日 (土) 01:10 UTC 
 http://ja.wikipedia.org/wiki/月見 (2015年9月17日閲覧)
・「中秋の名月はいつ?」『こよみのページ』
http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0710.htm (2015年9月17日閲覧)


↓お庭のお手入れ・改修・設計などに関するご相談はこちらから↓
-------------------------------------------
株式会社大幸造園
TEL 075-701-5631
FAX 075-723-5717
HP http://daiko-zoen.com/
-------------------------------------------