55b1a43001fe764aaa7ffb7e0612f542_s

こんにちは、【きの子】です。

今回は樹木の特徴についてのお話です。

少しだけ学問的な話題になりますが
お付き合いいただけたら幸いです。

木には光の好みがある?陰樹と陽樹

木の分類の中に『陰樹陽樹』というものがあります。

あまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが
実は大切な植物の特徴に基づいているんです。

光の当たらない場所で生き延びるため進化した『陰樹』

植物は光合成をして栄養を作っているので
生きていくためには光が必要不可欠です。

しかし環境によっては必ずしもたくさんの光が
得られるわけではありませんよね。

まわりに高い木が生い茂っているような場所では
背の低い幼木にはあまり光が当たりません。

そこで少ない光でも生長していけるようになったのが
陰樹』と呼ばれる種類の樹木たちです。

一方、強い光の下で勢いよく生長していく木は
陰樹』に対して『陽樹』と呼ばれます。

暗くても生長できる『陰樹』、その反面弱点も…

少し専門的な話になりますが
植物が作る栄養量=植物が使う栄養量 となる光の強さを
光補償点>といいます。

これは植物が生きていける最低限の光の強さです。

陰樹』ではこの<光補償点>が
陽樹』よりも低くなっています。
陰樹陽樹グラフ

光が少なすぎて『陽樹』が生きていけない環境でも
陰樹』は生長していけるというわけですね。

陰樹』の代表的なものにツバキ、アオキなどがあります。

ただし、使える光の最大量が少ないので
強すぎる光は苦手としています。

日に当たりすぎると葉焼けしたり枯れたりしてしまうので
植える際には気をつけてあげてください。

『陽樹』はお日様が大好き!

反対に、『陽樹』は生きるために多くの光が必要ですが
生長するスピードがとてもはやくなっています。

使える光の最大量も『陰樹』より多くなっていて
光が強いほど大きくなっていきます。

十分に光があるところでは『陰樹』よりも
格段にはやく生長できるのが長所ですね。

有名な庭木にモミジやサクラ、サザンカなどが挙げられます。


Check!

  • 陰樹…日当たりの悪い場所○ 日当たりのいい場所× 生長速度遅い
  • 陽樹…日当たりの悪い場所× 日当たりのいい場所○ 生長速度速い
お庭に樹木を植える際には木がどちらに分類されるかを調べてみましょう!

植物にとって光の強さは重要なポイントです。

植物に合った場所を選んであげれば
きっと元気に育ってくれますよ。


最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

ありがとう!

<参考>
嶋田幸久・萱原正嗣(2015)『植物の体の中では何が起こっているのか』ベレ出版


↓お庭のお手入れ・改修・設計などに関するご相談はこちらから↓
-------------------------------------------
株式会社大幸造園
TEL 075-701-5631
FAX 075-723-5717
HP http://daiko-zoen.com/
-------------------------------------------